2方向に向き合うパートナーシップとは?

今回対談するのは、株式会社フォーワードの現場責任者である、執行役員の廣瀬と、営業担当の浦田のお二人。パートナーシップについて、お客様への提案の姿勢、このオフィス内装業界のこと、さまざまなテーマで語っていただきました。

執行役員 廣瀬

株式会社フォーワード 執行役員
廣瀬 正樹 Hirose Masaki

営業主任 浦田

株式会社フォーワード 営業主任
浦田 泰佑 Urata Taisuke

―― まず、フォーワードさんは、創業以来、固定のお客様が非常に多くて、長年に渡り、ご発注をいただいているとお聞きしました。競争の激しいオフィスの内装業でそのような企業は、寧ろ稀ではないかと思います。

廣瀬 : はい。本当に、嬉しい限りですがお陰様で、そのような結果をいただいております。

―― それは、どんな秘訣があるのですか?

浦田 : 秘訣というようなものかどうかはわかりませんが、当社では、まずご協力をいただく業者さんを、業者と呼ばないんです。パートナーさんと呼ばせていただいています。業者さん扱いをしたり、無理な発注をしたりせず、一緒に仕事をさせていただくパートナーさんとして、共に悩み、共に取り組む姿勢をとっています。
そのため、パートナーさんと、創業以来、非常に強い絆を作っています。おそらくは、他の内装業者さんよりも、仕事の質や納め方に、お客様のご信頼をいただけるのだと思います。それで、リピートをいただくことが、普通になっているのだと思います。

廣瀬 : その結果、お客様にも、図面や見積もりでは表現できない、工事の満足を提供できるわけですね。
建設工事は、お客様にとっては、図面や見積書といった、紙の資料だけで発注するので、たとえ、お見積りが安かったとしても、工事の結果が見えないというリスクがある段階で発注せざるをえないわけです。そうしたことが、以前に工事をして、その結果が満足だった当社へのリピートに繋がるのだと思います。

浦田 : 加えて、お客様に対しても、パートナーとして、お客様の将来を考え、誠実にご提案をするようにしています。
奇を衒った提案や、ウケを狙う提案はしません。

廣瀬:一方で、お客様のご要望をお伺いし、そのご要望をしっかり反映する提案と、もう一歩、踏み込んでお客様がお気づきになっていないニーズを当社なりにいれた提案を2つすることもあります。
お客様の「これから」を支える、パートナーでもありたいと考えているからです。

―― なるほど。お客様と、協力業者さん。その2方向に向かうパートナーシップが、多くのフォーワードファンを生みだしているのですね。
今日は、ありがとうございました。

PAGE TOP